こんにちは!岐阜県岐阜市から東海エリアにかけて、住宅や店舗などの建物を対象に解体工事、家屋解体を数多く請け負っている解体業者、Rworkです!
S造のSとはスチールの頭文字であり、梁や柱に鉄骨を用いた建物のことを指した言葉がS造です。
今回は、そんなS造の建物の解体の流れについて、分かりやすくご紹介いたします。

S造解体の特徴


S造の建物は、RC造などの建物に比べて、構造がシンプルになっているのが特徴です。
骨組みに鉄骨、主要構造部に鋼板や鋼管といった鋼材が使用されており、軽く粘り強いというメリットを持っています。
S造の中でも建材の厚みごとに6mm以上が重量鉄骨構造、6mm未満が軽量鉄骨造と区分され、主に建物の規模によって使い分けられていますが、構造そのものは変わりありません。
建物の解体はまず内装の撤去から行われますが、S造解体の場合は内装撤去が済むと、残りがほぼ鉄のみの構造となるため、そこから先の作業をスムーズに行うことが可能になります。

作業の流れ

実際に行われる解体工事の流れを、簡単に見ていきましょう。
解体工事はいきなり着工することはなく、まずは施工計画を作成しなくてはなりません。
近隣への挨拶を済ませたら、工事の下準備として足場の設置が行われます。
続けて現場周辺を保護するための養生を設置したら、まず行われるのは建物の内装の解体です。
残置物がある場合は手作業で撤去を行い、壁紙、石膏ボード、サッシなどの撤去を順次行っていきます。
内装の解体が終わると続いて屋根・外壁の撤去が行われ、建物本体が残るのみとなります。
建物本体の解体は地上解体と呼ばれ、鉄骨カッターによる鉄骨の切断など、さまざまな手法が使用されるのが特徴です。
更に基礎の撤去が済むと、最後に整地によって地面を平らな状態に均し、完全な更地の状態に戻したところで解体工事は終了となります。
解体と一口にいっても上記の通り工程が多いため、業者の腕前によって工期や質が大きく変わってくるといえるでしょう。

Rworkへご相談ください!


Rworkは岐阜市の解体業者として、これまでに多数の解体を請け負ってまいりました。
信頼性の高い工事を信条としており、施工に際しては細やかなご説明をした上で、お客様のご要望に沿った工事をご提供いたします。
S造解体の他に、RC造解体や原状回復工事、スケルトン工事などさまざまな施工にも対応していますので、まずはお見積もりだけでもお気軽にご依頼ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


Rwork
〒501-1173 岐阜県岐阜市中473-30
TEL:090-1989-1900   FAX:058-234-1900
※営業電話・セールスお断り