こんにちは!岐阜県岐阜市を本拠地として、戸建て住宅や店舗などの解体工事や家屋解体を東海エリア一帯で行っている解体業者、Rworkです!
古くなった住居やビルなど、使わなくなった建物は解体工事によって取り壊しが行われます。
では、もし解体工事を行わずに老朽化した建物をそのままにしていると、どのような問題があるのでしょうか。
今回は、解体工事によって防げるリスクについてご紹介していきます。

倒壊などの事故


使われなくなった建物を管理せずにそのままにしていると、経年劣化や天候の影響などによって、建物の劣化が進んでいきます。
外観が古く見えるだけでなく、構造を支えている柱などの部分にも次第に腐食などが起きていってしまうでしょう。
そうして柱や壁などの劣化が進んでいくと、やがて建物は自重を支えられなくなってしまいます。
最悪の場合、建物が倒壊し、周囲の建物や通行人、車両などを巻き込んでしまうかもしれません。
倒壊までいかずとも、部分的に外壁などが剥がれ落ち、下を通っていた人に当たって怪我をさせてしまうという可能性も考えられます。
そうなると所有者が責任を問われることになってしまうため、使わなくなり、管理をしていない建物を所有している場合は、解体工事を行った方が良いといえるでしょう。

不法侵入や放火などの犯罪

また、使っていない建物を放置していると犯罪の温床となってしまうリスクもあります。
老朽化して人の目もない建物には不審者が侵入しやすく、そのままにしていると周辺地域の治安を悪化させてしまいます。
空き巣目当ての侵入や犯罪グループのたまり場になるなど、さまざまなリスクが考えられるため、防犯を意識する上でも使っていない建物を放置するのは好ましくありません。
更に人がいないことが一目で分かる老朽化した建物は、放火の標的にもされやすいという点も大きな問題です。
建物の解体は固定資産税の節税になるなどメリットも多くあるため、使わなくなった時点でできるだけ早期に解体することをおすすめします。

Rworkへご相談ください!


Rworkは岐阜県の解体業者として、東海地方において数々の施工を請け負ってまいりました。
弊社は、安全かつスピーディーな解体工事を行うことはもちろん、徹底的な清掃や周辺環境への配慮を万全に行い、ご満足頂ける工事をご提供いたします。
お客様のご要望に沿った高品質な施工をお約束いたしますので、各種解体工事をお求めの際は、ぜひRworkへご相談ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


Rwork
〒501-1173 岐阜県岐阜市中473-30
TEL:090-1989-1900   FAX:058-234-1900
※営業電話・セールスお断り