オフィスやテナントなどの物件をオーナーや管理会社に明け渡す時は、入居前の状態に戻さなければいけません。
入居前の状態に戻すためには、「内装解体工事」が必要となります。
内装解体工事は大きく分けて2種類、原状回復工事・スケルトン工事がございます。
今回は、「原状回復工事・スケルトン工事の違い」についてご紹介いたします。

■原状回復工事とは

借入時の状態に戻す工事です。
借りた際、何らかの設備や仕切りがあった場合は、それらを残す必要がございます。
工事内容には内装解体と修繕が含まれ、スケルトン工事とは異なります。

■スケルトン工事とは

建物の構造部分以外のものをすべて解体する工事です。
間仕切りや床のほかエアコンなどもすべて撤去し、室内空間だけを残します。

それぞれの工事についてしっかりと理解することで、スムーズに業者に依頼することができるでしょう!

ご依頼はぜひ弊社に

内装解体工事を得意とする業者をお探しなら岐阜県岐阜市の解体屋「Rwork」にお任せください!
皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。


Rwork
〒501-1173 岐阜県岐阜市中473-30
TEL:090-1989-1900   FAX:058-234-1900
※営業電話・セールスお断り